キーボードレイアウトの編集

編集ダイアログを開く
キーボードレイアウトを編集するには右クリックでメニューを開き、そこから「編集」-「レイアウトを編集」を選択します。ウインドウ配置で上部、または下部に固定している場合は編集できませんので、一旦「ウインドウ配置」より「アプリケーションバーを止める」を選択してください。

レイアウトの編集

すると編集ダイアログが表示され、ここからレイアウトの編集や、起動するアプリケーションの登録、キーのラベル(注釈)の登録を行うことができます。

編集モード


レイアウトを新規作成する
新規にレイアウトを作成するには、編集ダイアログを開いた状態でメニューから「新規レイアウト」を選択します。

新規レイアウト


レイアウトをコピーする
メニューから「レイアウトをコピー」を選択すると、表示しているレイアウトをコピーします。

レイアウトコピー


レイアウトを貼り付ける
メニューから「レイアウトを貼り付け」を選択すると、表示しているレイアウトにコピーしたレイアウトを貼り付けます。

レイアウト貼り付け


編集モードについて
キーボードレイアウトの編集には、「レイアウトモード」と「キー設定モード」、「キー再配置モード」の3つのモードがあります。

レイアウトモード

レイアウトモードでは、ダイアログで選択したキーをキーボードレイアウト上の選択した範囲に配置します。

レイアウトモード

キー設定モード

キー設定モードでは、ダイアログで選択したキーでキーボードレイアウト上のキーを置き換えます。

キー設定モード

キー再配置モード

キー再配置モードでは、キーボードレイアウト上のキーを移動して位置を変更できます。

キー再配置モード


編集するキーの選択方法
キーの一覧から編集したいキーを選択します。修飾キーと組み合わせれば、[Ctrl]+[S]などのショートカットキーになります。キーを削除する場合には(Erase)を選択してください。

キーリスト


レイアウトモード
キーを選択して配置したい範囲を決定すると、そこにキーが配置されます。

レイアウトモードでの編集(1)

同じキーを隣接するように配置して四角以外のキーを作ることもできます。

レイアウトモードでの編集(2)


キー設定モード
キーを選択してキーボード上の設定したいキーをクリックすると、キーが置き換わります。

キー設定モードでの編集


キー再配置モード
移動させたいキーをキーボード上でドラッグすることで、位置を変更できます。

キー再設定モードでの編集(1)

移動先に他のキーがある場合、そこには移動できません。

キー再設定モードでの編集(2)


キーにアプリケーションを設定する
登録アプリケーションの一覧から設定したいアプリケーションを選択します。キーボードへの配置方法はキーの場合と同じです。

アプリリスト


キーにラベルや定型文を設定する

新規に登録

例えば[Ctrl]+[S]でファイルを保存するなどのショートカットを、1つのキーに割り当てて「保存」とラベルをつけたい場合、キーの一覧から登録したいキーを選択して、追加ボタンをクリックします。

ショートカットに定型文を割り当てる場合も設定方法は同じです。ショートカットは設定せず定型文だけを登録することも可能です。その場合はキーの一覧の一番上にある(Erase)を選択してください。

ラベルリスト(1)


入力ダイアログが表示されたらラベルと、必要であれば定型文を入力し、OKをクリックすると登録が完了します。

ラベル/定型文編集

「このキーを無効にする」をチェックすると、キーを押しても反応しないようにできるので、例えば意図せず押してしまいがちな[F1]キーを無効にするなどといった使い方が有効です。

マクロモードを有効にしない場合(デフォルト設定)は定型文は単に貼り付けとして処理されます。

有効にした場合には、定型文に含まれる改行は[Enter]キーの入力として扱います。このマクロモードは、MMORPGでのチャットによる告知文の自動入力や、マクロの実行を行うことを想定しています。

「切り替えるレイアウト」でレイアウトを指定した場合は、キーを押した時にそのレイアウトに切り替えることができます(※キーを無効にしていてもレイアウトの切り替えは行われます)。

ラベル/定型文の変更

登録済みのラベル/定型文を変更したい場合は、一覧から編集したいラベルを選択して、「ラベルを編集」をクリックします。

ラベルリスト(2)

ラベルのショートカットを変更

登録済みのショートカットを変更したい場合は、ラベルの一覧から編集したいショートカットを選択、次にキーの一覧から登録したいキーを選択して、「ショートカット変更」をクリックします。

ラベルリスト(3)